削除された記憶と一睡も出来ない僕の取り留めがある話しを

削除された記憶と一睡も出来ない僕の取り留めがある話しを

気になる肌のたるみを改善するには


肌の弾力を保てなくなるのは、コラーゲンやエラスチンが少なくなって、たるみが出てしまうためです。たるみのないお肌になるためには、紫外線の直射から肌を守ることです。エラスチンや、コラーゲンは、紫外線によって失われてしまう性質がありますので、肌が紫外線を回避させることは、非常に重要なことです。紫外線対策というと、強い陽射しのシーズンを連想することが多いですが、一年じゅう、屋外に行く時には紫外線の対策をするようにしましょう。
 
たるみのないお肌を維持するためには、紫外線が肌に当たらないようにすることだけでなく、表情筋を強化することも大事です。はっきりと口を開けて、あいうえおと声を出していきましょう。声を出した後は、5秒ほどその口の形を維持して、表情筋をよく動かすようにします。顔の筋肉が、よく動かすように意識してエクササイズをしていきましょう。
 
目安は、1日に5回~10回行うことです。顔面のエクササイズをすることにより、表情筋が動かしやすくなって、表情が生き生きと変化するようになり、見た目の魅力を高めることができます。顔をエクササイズでよく動かすことで、線維芽細胞の機能がより活発になり、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの成分を皮膚の深層でつくりやすくなります。
 
表情筋のエクササイズや、紫外線予防といった、肌の外側からのアプローチだけでなく、体の中から美肌効果を高める方法もあります。栄養の偏りがない食事をすること、規則正しく、適切な量を食べることも、お肌のためです。日々の食事だけでは、体が必要としている各種のビタミンやミネラル、たんぱく質、アミノ酸が足りなくなることもあるため、サプリメントが有用です。

 

未分類